YouTubeでの広告収益化の条件が変更?1,000人と4,000時間を簡単に達成する方法とは?

 

こんにちは!「俺はYouTube」の管理人(@orehaYouTuber)です♪

皆さんは2018年2月20日より、YouTube広告収益化の規約が変更したことはご存知でしょうか?

今まではYouTube上でチャンルを開設して、動画の再生数が累計1万再生を越えれば、そのチャンネルでアドセンスを申し込めば、簡易的な審査を行い収益化が実行されていました。

 

猫師匠
YouTubeの収益化の設定については、下記の記事で詳しく開設している。参考にしてくれ。

参考記事:【最新版】YouTubeチャンネルを収益化!その審査の手順と方法を解説

 

しかし、新しい規約によってYouTubeの収益化には2つの条件が追加されたのです。

この突然の規約変更によって、ネット上やツイッターでは多くの悲観する声があがりました。

 

 

確かに新しく追加された規約は「超簡単!」というものではありませんが、それほど悲観的になる必要はありません。

いくつかのポイントをしっかりして実践していけば、意外と簡単に達成できる条件なのです!

そこで今回は、

  • 新しくなったYouTubeの規約変更について
  • その新しいYouTubeの規約を攻略する方法

 

この2つを中心にお話ししていきます♪

 

2018年2月より新しく追加されたYouTubeの規約

2018年1月17日にYouTubeから突然メールが来ていました。

そのメールの内容はYouTubeで動画を投稿して収益を得る上で、今までの審査基準(総視聴回数が10,000回未満は広告が付かない)に加えて2つの条件を追加するよ、というもの。

 

その条件というのが、下記の2つです。

  1. 過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

 

この条件が2018年2月20日より加わることを発表しました。

 

勿論、これは変更前にYouTubeチャンネルを持っていた人にも適用されます。

 

猫師匠
つまり、何年もYouTubeで投稿して稼いでいたチャンネルでも、どちらかを満たしていなかったら広告が消える・・ということだな。

はい。おっしゃる通りです。

一番痛手を負ったのが再生回数は多いけども、チャンネル登録者が1,000人未満の方・・ということになりますね。

 

YouTubeが収益化条件を厳しくした2つの理由

 

では、何故YouTubeはこのような条件を加えたのでしょうか?

その背景には2つの理由がありました。

 

不適切な動画が動画が増え広告主が怒った

 

猫師匠
1つは不適切な動画が多く投稿されるようになったからだな。

はい。その理由が強いでしょう。

上でも少し言いましたが、YouTubeは2017年にYouTube パートナー プログラムの審査条件に「総再生回数10,000未満のチャンネルは広告が付かない」と発表したばかりです。

それから僅か約1年で、より審査条件を厳しくしました。

 

この急とも言える条件変更には、

  • 再生回数を増やす為の犯罪ギリギリ動画
  • 未成年の性的な動画 またはコメント
  • いじめやリンチを写した暴力的な動画
  • 差別や侮辱行為の動画

 

などの、社会問題にもなっている不適切な動画投稿が原因でしょう。

 

あくまで私たちが、YouTubeに動画を投稿してお金を貰えるのは「広告主」がいるからこそです。

企業が広告をYouTubeに依頼をして、その広告代金の一部を私たちが動画投稿者やYouTuber(ユーチューバー)が再生数に応じて報酬としてもらっているに過ぎないのです。

そんな関係にもかかわらず、私たちが犯罪ギリギリの不適切な動画を投稿します。

その動画に依頼をされた企業の広告が流れます。・・はい、どうなると思いますか?

 

猫つべ
いい気分しないでし・・。

そう、いい気分にならないですよね。

お金を支払って広告を依頼されているのであれば尚更です。そういったYouTube側(正確にはGoogle)と広告主側の背景があり、今回の急とも言える規約変更が実地された訳ですね。

 

世界的な炎上 ローガン・ポール氏の影響も強い

 

そしてもう1つが「ローガン・ポール氏」の日本での不適切な動画の影響でしょう。

ローガン・ポール氏の不適切な動画騒動

若者を中心に世界的な人気「YouTuber(ユーチューバー)」として活躍している米国人男性ローガン・ポール氏が、富士山の北西、山梨県の青木ケ原樹海で自殺したとみられる遺体の動画を投稿して批判が殺到した。

日本だけではなく世界的な騒動までに発展し、動画投稿から1週間後、ローガン・ポール氏は謝罪を行い動画を削除した。

猫師匠
チャンネル登録者1500万人を超える人気YouTuberの行動だけあって、世界中で大きな問題として取り上げられたな。運営をするYouTube側に非難の声が殺到したみたいだ

おっしゃる通りです。

その影響を受けYouTubeは公式Twitterにて、

「我々はこの問題への返答を出すのに長い時間をかけてしまいましたが、すべての人々の意見をしっかり聞いてきました。

あるクリエイターの行動がコミュニティ全体に与える影響の大きさを我々は知っています。このようなムービーが今後配信されないように、この経験を多くのユーザーと共有する必要があります。」

引用:YouTube公式Twitter

 

と発言しております。(非常に長いので一部省略しました)。

この”あるクリエイター”というのがローガン・ポール氏の事であり、”このようなムービーが今後配信されないように、この経験を多くのユーザーと共有する必要があります。”というのが、今回の規制変更のことであるのは間違いありません。

 

2つの規約変更 登録者1,000人が「初心者」には厳しい?

そんな「不適切な動画の影響」と「クリエイターの健全化」によって、加えられた新たな規制変更ですが、その条件としての難易度はどうなのでしょうか?

 

4000時間の条件は意外と簡単

まず「過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」に関してですが・・・

 

正直楽勝です♪

 

よく勘違いされるのですが、条件は「1年間で投稿した全ての動画を合わせて4000時間」です。1本の動画でも、1ヶ月などでもありません。

そう考えると、4,000時間は「分」の単位にすると240,000分です。

仮に1本平均5分ほどの動画を投稿しているならば、240,000÷5分=48,000分です。

1ヶ月に平均10本の動画を投稿しているならば、平均400再生でいいのです♪

 

猫つべ
たった400再生でしか!?

 

そうなんです。多くの人が4,000時間と聞くと、大きな数字に感じてしまい臆病になってしまいます。

しかし、いざ正確な数字にすると、それほど大きな障害ではないのです。

勿論、視聴者全てが5分ピッタリ再生するとは限りませんが、それを考慮しても400〜600再生で達成できる条件なんですよね。

 

猫師匠
倍の10分動画を投稿するならば、半分の200再生でいいわけだしな。

はい!その通りです。

事実、管理人も3ヶ月ほど前に新たなYouTubeチャンネルを作りましたが、すでにその条件は達成しております。大きな数字に惑わされてはいけませんね♪

 

問題なのはチャンネル登録者1,000人の条件

 

しかし、難しいのは「チャンネル登録者1000人」です。

 

頻繁にYouTube動画を見ている方からすると「登録者○○万人!」というYouTuber(ユーチューバー)ばかり見ていると思うので、ピンとこないかもしれませんが、1,000人というのは結構大きな数字なんですよね。

実際に登録者数1,000人以上の割合を検証

 

実際に「YouTubeで登録者数1,000人以上はどれくらいいるのか?」を検証してみましょう。

利用するサイトは「SOCIALBLADE」です。

こちらはYouTubeのデータを分析するサイトの1つで、利用者の数は世界でもトップクラスです。このSOCIALBLADEを利用して検証しました。

 

検証は以下の内容です。

  • SOCIALBLADEの全体のチャンネル数約2,110万チャンネルを対象。
  • その2,110万チャンネルの内、どれくらい登録者1,000人はいるのか?

 

そして結果はというと・・・

全体の約12%でした!(2018年3月時点)

 

100人の動画投稿者・YouTuber(ユーチューバー)がいたら、その内の12人が登録者数1000人以上を達成しているわけですね。

これを多いと受け取るか、少ないと受け取るかは個人の感覚にもよりますが、やはり登録者1000人の方が遥かにハードルが高いんです。

 

管理人は数年も前からYouTubeで動画投稿をしているので、今回の条件はクリアしていますが、これからYouTubeで稼ごう!としている初心者の方にとっては難易度が高いんですよね。

特別な戦略を取らない限り、半年・・いえ、下手したら1年以上かかってしまう可能性もあります。

 

登録者1000人を達成する為の戦略的な方法

ここまでYouTubeの規約変更についてお話ししてきましたが、結局のところ大切なのはその厳しい審査基準をクリアする方法ですよね?

 

猫つべ
それでし!大事なのは!

 

どんなに規制や基準の内容を理解しようとも、その審査をクリアする方法を学ばないと意味がありません。

そこでここからは、

  • これからYouTubeで稼ごうとしている人
  • まだ登録者が1,000人に達していない人

 

こんな方達に向けて管理人直伝「チャンネル登録者1,000人を最短で達成する方法」をお伝えしていきます。是非参考にしてください♪

再生数ではなく登録者を増やす動画を投稿

まずお伝えしたい事はYouTubeで再生数を伸ばすのであればそれほど難しくはない、という事。

他のYouTuberとタイアップしたり、トレンドものの企画を考えたり、SNSと連動して動画を投稿したり・・・と、思いつくだけでも様々な方法があります。

しかし、求めているのは「再生数」ではなく「登録者」です。

おまけに必要なのは1000人です。

そうなると、当然再生数を伸ばす動画を投稿するのはなく、登録者を増やす動画が必要になってきます。

 

必要なのはチャンネルに興味を持ってもらう事

 

その為に必要なのは「動画を投稿しているチャンネル自体」に興味を持ってもらうことです。

 

猫つべ
動画を投稿しているチャンネル・・でしか?

 

はい。その通りです。投稿した動画にではなく、動画を投稿したチャンネルに興味を持ってもらう。ここの部分を正しく認識する事が大切なんです。

 

分かりやすいのが、アーティストさんのPVやMVですよね。

例えば、コチラの動画。

 

こちらはDAOKOさんと米津玄師さんの『打上花火』なのですが、見てください。

その再生回数はなんと1億2千万に達しています(2018年3月現在)。

 

猫つべ
美しい美声と綺麗なメロディーに癒されるでし〜!

 

米津玄師さんのパート部分も素晴らしいですよね♪

そんな素晴らしい「打上花火」なのですが、今度はこの動画のチャンネル登録者数の部分を見てください。

猫つべ
1億2千万も再生回数があるでしね!
登録者も200万人くらい・・・

 

猫つべ
あれ?34万人でし・・!?

 

そうなんです。再生回数1億2千万を超えるモンスター動画を叩き出しているDAOKOさんのチャンネルなのですが、意外にもその登録者数は34万人なのです。

猫つべ
意外でしね!?

勿論、34万人という数字は凄いですよ??

しかし、このDAOKOさんのチャンネルはこの「打上花火」以外にも全部で19本の動画を投稿しております(2018年3月現在)。

 

その動画の中には300万再生以上の動画を5本600万再生の動画を2本900万再生の動画を1本投稿されています。つまり数々の100万再生以上の動画が存在するチャンネルなのです。

そちらを考慮すると、すこし少ない気がしてしまいますよね。

 

一方、こちらをご覧ください。

 

こちらは「えっちゃん悦子チャンネル(登録者数 156,078 人)」なのですが、動画一覧を確認してください。

2018年3月現在で19本の動画を投稿しておりますが、その内100万再生以上の動画は2本です。

 

 

全体の動画の平均視聴回数は20〜30万再生です。

しかし、そのチャンネル登録者は156,078人です。(2018年3月現在)

 

DAOKOさんのチャンネルは登録者34万人で19本の動画を投稿しており総視聴回数が約1億7000万再生です。

えっちゃん悦子チャンネルは登録者15万人で同じく19本の動画投稿しており総視聴回数が約880万再生です。

 

猫つべ
投稿している動画数は一緒なのにこんなに差があるんでしね!?

そうなんです。

勿論DAOKOさんのチャンネルには「打上花火」があるので、その動画が大きく再生数を取っているのは事実ですが、投稿している動画の総再生数が約20倍も差があるのに対し、チャンネルの登録者は2,2倍ほどしか差がありません。

つまり、これが「投稿した動画に興味を持ってもらう」「動画を投稿しているチャンネル自体に興味を持ってもらう」の違いなんです。

 

チャンネル登録者を増やす為に重要な1つの戦略

当たり前の事なのですが、YouTubeのチャンネル登録は、その人の次の動画が見たいから登録をするわけですよね?

1発屋の動画では再生数を獲得することができたとしても、チャンネル登録には中々繋がりにくいんです。あくまでチャンネル登録は投稿している人の個性投稿している動画内容に強く興味を持ってもらわなければならないんです。

 

例えば、上でご紹介した「えっちゃん悦子チャンネル」ですが、何故これほどのチャンネル登録者がいるか分かりますか?

猫つべ
可愛いからでし!あと胸が大きいからでし!

・・はい。確かにその要素はあると思います笑。

しかし、おそらく一番の要因は「ボンボンTV チャンネル登録者数 1,117,781 人」のメンバーの1人だからなんです。

 

大手YouTuber(ユーチューバー)チャンネルの人気メンバーの「えっちゃん」が、個人チャンネルを持つということで、既存のファンがチャンネル登録をされている訳ですね。

 

面白い動画・素晴らしい動画 → 再生数が伸びる

投稿している人の個性や投稿している動画内容に強く興味 → チャンネル登録をしてもらえる

ということですね♪

 

この部分を考えた時に1本の動画で再生数を狙うよりは、また次の動画に繋げられるようなコンテンツを作ることがチャンネル登録の近道の1つなのです。

その為に必要なのは、ジャンルを固定化してファンを増やす。こちらが重要になってきます。

 

特化型チャンネルで固定化してファンを増やす

YouTubeでは固定したジャンルの動画を投稿する事で様々なメリットが発生します。

  1. 投稿する動画を1ジャンルにする事で、視聴者が固定化しやすい
  2. 視聴者が固定化する事で、チャンネル登録してもらえる
  3. 投稿する動画を固定化する事で、自分の動画が関連動画に出やすい
  4. チャンネル登録・視聴時間が伸びる事で、広告単価が上がる

 

テレビ番組や本や雑誌。サイトやブログでもそうなのですが、特定のジャンルの情報は多くの人が求めています。毎週音楽番組を観る人もいれば、毎月バイク雑誌を買う人はいます。毎日ゲームのサイトに訪問する人もいるでしょう。

そう、多くの人が特化した情報を求めているのです。

 

そしてそれは当然YouTubeでも同じです。

 

  • 毎回、モンハンの攻略動画を投稿する。
  • 毎回、素人でもできる魚のさばき方を投稿する。
  • 毎回、古着を着こなしたファッションを公開する。

 

こういった大多数の人が見るような動画じゃなかったとしても、一部の人が強烈に惹きつけられる内容の動画を届ければ、「次も見たい!」となり、それがチャンネル登録へと繋がるんです。

勿論、これだけでチャンネル登録者1000人を簡単に達成できるとは言えません。

しかし、ただ闇雲に投稿するよりは当然効果は絶大です。

もし、これからYouTubeで稼ぎたい!もしくはもっとチャンネル登録を増やしたい!と、考えているならば投稿する動画のジャンルを固定化して、特化型チャンネルを作ることを意識してみてください♪

 

 

猫師匠

特化型YouTubeチャンネルについては、下記の記事でも紹介しているぞ。

 

参考記事:YouTubeで再生回数を伸ばすコツは「ジャンル特化」です!その理由と方法を解説!

 

今回の規約変更は逆に稼げるチャンス!

正直、今回の規約変更はYouTubeをビジネスとして戦略的に取り組んでいる身からするとチャンスだと思っています。

何故なら確実に「多くのYouTuber(ユーチューバー)ライバルが消える」からです。

今まではなんとなく投稿していた人でも、ある程度再生回数が集まって収益を実現していたかもしれませんが、今回の規約変更でそういったビギナーは確実に減っていきます。

ライバルが消えるという事は、当然ですが自分の動画に視聴者が集まるチャンスです。

加えて、上でお伝えした特化型ジャンルの方法はライバルが少なければ少ないほど、その効果は大きく発生するものですしね。

 

違法動画が消えて健全化に向かう

さらに言えば、今回の規約変更で確実にYouTubeの健全化は進みます。

今までは、

  • テレビ番組やアニメを無断転載をしていた動画
  • SNSやネット上のコンテンツを文字にした垂れ流しの動画

 

上のような動画でも再生数に応じて収益を得ていました。

猫師匠
いわゆる違法アップ動画だな

 

はい。しかも、これらの動画は瞬間的なアクセスが集まりやすい傾向にあります。一度見たらトップページや関連動画に表示されますし、番組を見逃した人の検索からの大きなアクセスもあります。

さらに瞬間的なアクセスが集まることで、急上昇ランキングに載ることも頻繁にあります。

真面目に動画を投稿している身からすると「理不尽だ!」と思うことも、しょっちゅうです・・笑。

 

しかし、今後はそれも難しくなるわけです。

 

新しく始める場合、これらの動画でもチャンネル登録者が1,000人に達成するまで収益化できません。

収益が発生するかもわからないまま、違法動画をアップし続けるのはリスクが大きるでしょう。

しかも1,000人になっても審査に通らなかったらそこまでの作業がすべて無駄になりますし、仮に通ったとしても投稿しているのは違法動画。いつチャンネル自体が停止されてしまうか分かりません。

そんなフラフラなお金稼ぎをするでしょうか?

違法動画が消えるからといって、自分のチャンネルに視聴者が集まることとは別ですが、少なくともYouTubeの健全化が進み利用者が増えるのであれば喜ばしいことですよね♪

 

YouTubeの「違反コンテンツ対策の人員を1万人に増員する」という発表

YouTube運営は、2018年に違反ビデオの対策チームを1万人に増員することを発表しました。

この1万人(関係者の話では現状の25%増)という数字には様々な意見がありますが、少なくとも管理人は違法動画に対する処分を厳しくする!という対応は素晴らしいと思います。

 

まとめ

2018年2月20日から実行された、YouTubeの新しい規約。

過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
チャンネル登録者数が1,000人以上

多くの人が悲観的な声をあげていますが、真面目にYouTubeをビジネスとして取り組んでいる方は逆にチャンスだと思っています。

そもそもチャンネル登録者が1,000人以下では収益化も難しいわけですしね・・笑。

是非今回の記事を参考にして、チャンネル登録者1,000人まで駆け上がってください♪

 

猫つべ
それでは以上、YouTubeでの広告収益化の条件が変更?1,000人と4,000時間を簡単に達成する方法とは?でしたにゃ!
初心者向け

どんな動画を作るか。それが一番最初に立ちはだかる壁ですよね。

そんなときは、手始めにレビュー動画を作ってみるのはどうでしょうか。

自分が気に入っているもののレビューであれば、思っていたよりも簡単にできるはずです。

ViiBeeというレビュー動画アプリでは、自分の作ったレビュー動画から誰かが商品を購入したらポイントがもらえます。

ViiBee(ビービー)

ViiBee(ビービー)

無料

★★★★★★★★★★