【最新版】YouTubeで歌ってみた・踊ってみたで稼ぐ方法【広告収入】

こんにちは。管理人です♪

今や将来の職業としても選ばれるようになったYouTuber。

再生回数が伸びれば伸びるほど収入が増えるシステムは、非常に夢のある職業として、中学生・高校生を中心に憧れの的となっていますよね! 

猫師匠
今年の3月にソニー生命保険株式会社が実地したアンケート調査では男子中学生3位に「YouTuber」が選ばれた位だしな
 

そうなんです。しかし「職業として見られるようになった」とは言っても、様々な理由から顔出しをしたくないという人も多いとは思います。

そこで今回は「歌って見た・踊ってみた動画編」として、ちょっとした工夫で顔出しをせずにYouTuberになる方法をご紹介していきたいと思います♪

 

【歌ってみた・踊ってみた動画とは?】

もし、あなたが歌を唄う事や踊りを踊る事が得意ならば、オススメしたいのが「歌ってみた」「踊ってみた」動画投稿です。

歌ってみた・踊ってみたとは、その言葉通り「歌っている様子」や「曲に合わせて踊っている」動画を撮影して、投稿するタイプの動画です。

このジャンルの動画はニコニコ動画時代から根強い人気があり、有名な方になるとメジャーデビューも果たすなど大きな活躍を見せているのも特徴です。

猫師匠
あまり知られていないが、今やアーティストとして大人気な米津玄師氏やヒャダイン氏もニコ動出身だ。

 

【若い世代を中心に大きな人気がある】

この歌ってみた・踊ってみたの大きな特徴としては「若い世代を中心に人気がある」という点です。

あくまでYouTubeやニコニコ動画に投稿しているのは(一部を除いて)一般的な素人の方です。

しかしその人気は素人とは思えないほどで、数千人・数万人の登録者の方でも熱狂的なファンがいるほどです。「YouTubeは見ないけど歌ってみたは観てる」と言う人もいますね。

そんな歌ってみた・踊ってみたジャンルですが、テレビなどと違い「顔を出さなくても」絶大な人気を獲得できるのが大きな特徴です。様々な戦略で投稿できるYouTubeならではのメリットですね!

「歌唱力や踊りには自信があるけれども、顔出しは嫌だな・・」と思っている方の為には是非挑戦していただきたい動画ジャンルです♪

 

顔出ししないで歌ってみた・踊ってみたを投稿する方法とは?

そんな「歌ってみた・踊ってみた」ですが、顔出ししないで動画を投稿する方法としてはいくつかあります。

その代表的なものに加え、管理人的に面白いものを何点かピックアップしてご紹介していきます♪

《仮面を付けて動画投稿》

これは歌ってみた・踊ってみたどちらの動画にも言えることですが、仮面をつけて撮影すれば顔が映る心配はありません。

また仮面じゃなくても、カツラや耳などのコスプレ道具で注目を引くこともできますよね♪

有名なアーティストにもオオカミの被り物をしてパフォーマンスをするバンドがいますよね。

猫つべ
MAN WITH A MISSION(マン・ウィズ・ア・ミッション)でしね!

はい♪イメージとしてはあんな感じです。

歌ってみたの人は歌いづらいかもしれませんが、動画と音を別で撮影・録音して編集すれば、その問題も解消できます。

 

《マスクを着用して動画投稿》

これは結構ポピュラーですが、マスクをして動画に映るという選択肢もあります。

今では有名な愛川こずえさんも、最初はマスク姿で動画を投稿していましたよね♪

以下は、愛川こずえさんの「ルカルカ★ナイトフィーバーを踊ってみた」です。

出典:YouTube

猫つべ
キ、キレキレのダンスでし・・!

管理人も最初に拝見した時にはビックリしました笑

しかしマスク姿ですと、眼や耳など完全に隠せるものではないので、知っている人が見たら分かってしまう可能性はあります。

 

《アニメやイラストを載せて動画投稿》

下の動画は、素晴らしい歌声を持つ【96猫×天月】さんの打ち上げ花火(cover)です。

出典:YouTube

これは歌ってみた系の動画を投稿する人に限りますが「歌ってみた」はそもそも必ずしも自分が映らなければならないとは限りません。

自分の歌が入っていれば問題ないので、動画に関しては作ったアニメやイラストを載せる方法もあります。

ただしアニメの動画やライブ映像をそのまま流すと著作権違反として削除されやすいでので、自分で書いた(もしくは依頼した)イラストやアニメーションを流す方法が効果的です。

猫師匠
「歌ってみた」の有名な人の多くはこの方法を活用しているな

 

《コラボで動画投稿する(歌ってみた×踊ってみた)》

これはなかなか突拍子もない例ですが、歌うパートと踊るパートを分けてコラボ動画にする方法も面白いかもしれません♪

知り合いに「歌は苦手だけど顔を出して有名になりたい・・」もしくは逆の「歌には自信はあるけど華がない・・」という人がいるのならば、踊りと歌をそれぞれ分けて担当するのもいいと思います。

猫つべ
有名なYouTuberの方はまだ出てきていないので、チャンスかもしれないでし!

 

《影を投影して動画投稿する(踊ってみた)》

これまた少し新しいジャンルです♪

顔を出さずに踊ってみた系動画を上げる方法として、影を投影して踊るという選択肢があります。

照明やスクリーンをうまく活用して影だけでダンスを演出してみるのもおもしろいかもしれませんね。

猫師匠
これでヒットしてジャンルが固定できれば、YouTubeの枠に収まらない活動も望めそうだな

 

《暗闇でライトを利用して動画投稿(踊ってみた)》

LEDライトを衣装のように身にまとい、暗闇で踊るパフォーマンス集団がいます。

この要領で、暗闇で自分の体にライトを装着して踊れば、顔出しせずに踊ってみた系の動画を上げることが可能です。

YouTubeではまだまだ未開拓分野なので、挑戦してみてはいかがでしょうか♪

 

歌ってみた・踊ってみた動画に向いている人は??

それでは歌ってみた・踊ってみた動画の方向性が分かってきた所で、次は歌ってみた・踊ってみた動画に向いている人をご紹介していきます。

YouTubeとして再生回数を狙う以上、そこに歌唱力・ダンス力以外の個性が必要になってきます。言ってしまえば「ただ普通に上手い人」の動画は求められていないのです。

猫師匠
上手い人を求めているならば、プロの動画を見た方が早いしな

仰る通りです。これはどんなチャンネルを作っていくにも言えることですが、どれだけYouTubeのメリットを活かすか?テレビにはない要素を取り入れるか?ファンになってもらう為の個性を作るか?が大切になってきます。

その個性を作って、動画投稿していく事が大きな強みとなります♪

そんな強みを活かすべく、ここでは歌ってみた・踊ってみた動画の向いている人たちをそれぞれピックアップしてお届けいたします!

 

《歌ってみた系YouTuberに向いている人》

 

・歌唱力が高い人

言うまでもなく、歌唱力が高い人は歌ってみた系YouTuberに向いていると言えるでしょう。

上で「ただ普通に上手い人の動画は求められていない」とは言いましたが、だからと言って、歌唱力がいらないかと言えば当然違います。

歌唱力プラスαがあれば、そこには大きな可能性を秘めているのです。

またYouTubeだけではなくTwitterなどのSNSでも、歌唱力が高い人は頻繁にバズって(注目を浴びて)いますよね♪

動画を見て「ああ、この人うまいな」と感じる動画はやはり魅力的ですし、自分の好きな曲を歌ってくれていたならチャンネル登録もしたくなりますよね♪

 

・独特な世界観を持っている人

下の動画は、独特の世界観を存分に発揮している磯田怜 【REI TV】さんの動画です。

出典:YouTube

動画を投稿するにあたって「個性」はとても大切です。

ただ上手い人よりは少し独特の世界観を持っている人の方が再生回数は伸びやすいです。

この辺はニコ動の歌い手を参考にするといいかもしれませんね♪

猫つべ
ニコニコ動画の歌い手さんも、沢山YouTubeに来てるでし!

歌手を目指すならば当然歌唱力は必要になってきますが、YouTubeで収益化が目的ならば「上手<個性的」と言えると思います。

 

・声が独特な人

歌を投稿するにあたって最も簡単にインパクトを残せるのが「声が独特」という事。

アニメ声だったり渋い声。男性なのに女性のような高い声、または女性なのに男性のような低い声。そういった特徴的な声の持ち主はYouTuberとして活動した際には人気を得やすいでしょう。

ニコニコ動画時代には「両声類(女性・男性の両方の声が出せる持ち主)」という新しいワードが生まれるほど、人気を博しました。

猫師匠
アニメ声に関しても、日本のアニメ文化を考慮すると非常に人気が出やすいだろうな

 

・モノマネができる人/歌い方や声が本家に激似な人

モノマネや本家の声に似ている人も歌ってみた系YouTuberに向いています。

歌のモノマネはテレビ番組でも数多く放送されていて、一般の人への認知も高いです。

もしも歌のモノマネでテレビに出ようものなら、YouTuberとしての未来は明るいものになるでしょう。

 

《踊ってみた系YouTuberに向いている人》

 

・ダンスが上手い/個性的な人

踊ってみたの動画を制作する上で、どうしてもダンスのスキルは必須です。

しかし歌ってみた同様、ダンスが上手い人はいくらでもいるので、その中で「個性」を作れると動画では伸びやすいです。

上記で挙げた、仮面やマスクを着用するのもそうですし、コスプレなどで踊ってみるのもいいかもしれません。独特の振り付けを考えるのも差別化を図れます。

人とは違う何かを用意できるならば踊ってみた系YouTuberの成功はすぐそこです♪

 

・グループとして活動している人

→ RAB リアルアキバボーイズ (Real Akiba Boyz)

一人で踊るのではなく大勢でダンスを踊る機会があり、それが投稿できる環境ならば大きな強みとなるでしょう。

大人数でぴったり息の合ったダンスを披露することができれば、それだけでファンが付きやすく再生回数も伸びやすいです。

最近の踊ってみたの傾向としては、このタイプが一番多いかもしれません。

猫つべ
上のRAB リアルアキバボーイズ はオススメでし!

 

・スタイルがいい人

下の動画は、かやさんの恋するフォーチュンクッキーです。

可愛らしいルックスに加え、すらりと伸びた手足が踊ってみた動画を素晴らしい作品にしています♪

出典:YouTube

ダンス全般に言える事ですが、手足が長くスタイルがいい人は、踊っているだけでも様になりますよね♪

有名なバレエ団に関しては、手足の長さが選考基準になるほどです。

つまりそれだけ「踊る」ということにおいては有利なんです。

猫師匠
技術は指導できても、スタイルは与えられないからな

そうなんです。ですので、もしスタイルに自信があるならばYouTubeに投稿しながら収益化を目指してみてはいかがでしょうか♪

 

【まとめ:何よりも個性を大事に!】

ニコニコ動画時代から始まった「歌ってみた・踊ってみた」動画。

その彼等の活動の場は徐々にYouTubeへと移行しつつ、またその活動スタイルも多岐に渡ってきています。

これからはコンテンツの「個性」がより重要になってくると言えるでしょう。

是非あなただけの「色」を出して、YouTubeでの収益を狙っていきましょう!

猫つべ
それでは以上「【最新版】YouTubeで歌ってみた・踊ってみたで稼ぐ方法【広告収入】」でしたにゃ!
初心者向け

どんな動画を作るか。それが一番最初に立ちはだかる壁ですよね。

そんなときは、手始めにレビュー動画を作ってみるのはどうでしょうか。

自分が気に入っているもののレビューであれば、思っていたよりも簡単にできるはずです。

ViiBeeというレビュー動画アプリでは、自分の作ったレビュー動画から誰かが商品を購入したらポイントがもらえます。

ViiBee(ビービー)

ViiBee(ビービー)

無料

★★★★★★★★★★