【戦略的】Googleデータを元にYouTubeが稼げる根拠を徹底解説

 

こんにちは。管理人です♪

YouTubeが人気になってきた昨今では「YouTubeで稼ぎたい!」「YouTuberになりたい!」そう考えている人は多いと思います。好きな動画を投稿して、好きな人間と関わって、好きなように生きる。

次世代のクリエイターと言ってもいいでしょう。

しかしそんな思いを打ち砕くかのように周りの人達は「そんなの仕事じゃない」「稼げる訳ないって」「YouTubeはもう時代遅れだよ」と言ってきます。

猫つべ
そ、そうなんにゃ??
猫師匠
いや、それは頭の固い思考の持ち主だな

仰る通り!はっきり言いましょう。YouTubeは稼げます!そして始めるなら今!です。

その理由は他でもない「YouTubeが稼げる仕組みを作っているから」です。

 

何故、動画投稿で稼ぐにはYouTubeが適切なのか?その理由を4つ並べてみた!

それでは、ここでは「動画を投稿して稼ぐには、何故YouTubeが適切なのか?」を述べていきたいと思います。

しかし、ただ私の感想や考えを述べても意味がないので、実際のデータやアンケートに基づいた明確な「YouTubeが稼げる仕組み」を4つお伝えしていきます。

これから「YouTubeで稼ぎたい!」「ユーチューバーになりたい!」という方は是非ご覧ください♪

 

その1:利用者No. 1!さらに利用者が年々増加

世の中にはYouTube同様の「動画を投稿して収益を得る」サービスはあります。

・ニコニコ動画
・デイリーモーション
・Twitch
・OpenRecTV

・・・と、様々な動画配信サービスがありますが、管理人が収益を上げる為に利用しているのはYouTubeだけです。

その理由としては様々あるのですが、一番の主な要因は「YouTubeの利用者数は年々増加傾向にあるから」です。

YouTubeポイント
※総務省が発表した「平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」(7月7日更新)の13歳から69歳までの男女1500人を対象とした調査によればYouTubeやニコニコ動画などのオンデマンド型の動画共有サービス に関しては平成25年では52.8%の利用率でしたが、去年平成28に関しては71.1%と驚異的な伸びを見しております。

猫つべ
たった3年で20%近くも伸びているんでしね

猫師匠
今年にはさらに伸びるだろうな

仰る通りです。しかも上記の調査ではYouTubeとニコニコ動画を「オンデマンド型の動画共有サービス」と1つの括りにして調査しています。

2017年9月のニコニコ動画の総再生数調査では1年で動画の再生数が約30%も減少している、との結果も出ました。

さらにニコニコ動画プレミアム会員(税込月額540円)も年々減少傾向にあり、2016年の3月から1年後の2017年3月には「13万人」も減少していました。 つまり・・・・

猫師匠
ニコニコ動画単体では再生回数・会員数が下がっているので、YouTube単体の伸びを考えると20%以上の数字になる・・と言う訳だな。

さすが猫師匠!そういう事ですね♪

動画を配信するならば利用者が多い所で

また、こういった言い方はアレですが、やはり収益や収入を得る目的で始めるのならば「需要(人)が多い」所で実践していくのは必要不可欠になってきます。

特にYouTubeのような「多くの人に見てもら事を目的としている」サービスに置いては特に大事になってくるでしょう。

猫つべ
無人島にお店開いても繁盛しないでし!

その通りです。確かにネットを経由して動画を配信していくので、リアルにお店を構えて・・とは全く違うのは事実です。

しかし利用者が多くなれば多くなるほど、そこにはビジネスチャンスが広がりますので、必然的に稼げるチャンスは多くなりますよね。

 

その2:GoogleはYouTubeに大きな期待をしている

2006年9月にYouTubeは「Google」が約16億ドルで買収し、現在ではGoogleの傘下として事業を運営していおります。

買収した当初は赤字が続いていましたが、さすがはインターネットの王様「Google」様々な戦略のもとYouTubeを強力にバックアップし、数年後にはその業績を黒字展開にしました。

そして現在ではGoogleにとっても重要な収益柱の1つとなりました。

今後もGoogleは特にYouTubeへ力を入れてくるでしょう。「ネット×広告」という最高の組み合わせですからね。

猫師匠
Googleの最高責任者サンダー・ピチャイ氏も今後最も強化していく事業の1つにYouTubeを挙げているな。

サンダー・ピクチャ氏

サンダーピクチャ氏

そう。それだけ「Googleが期待している」という事なんです。

ですが、当然と言えば当然ですよね。テレビと違ってYouTubeのようなオンライン動画はネットと相性が良いですし、360動画やVRの進化によってYouTubeの可能性は無限大と言えると思います。

 

その3:10~30代の9割がYouTubeを利用

あとは管理人的には日本は2~3年後にはさらにYouTubeはさらに活発になると思います。

その理由としてはYouTube側のコンテンツ(ライブ・360動画・VRなど)が豊富になるという内部的要素もあるのですが、単純に「世間がYouTubeに浸透する」という外部的要素もあると考えています。

猫つべ
世間が・・浸透でしか?

はい。・・と、その説明の前に猫つべくんにお伺いしたいと思うのですが、今のYouTubeの主な利用者層を下記の中でどれが一番多いと思いますか?

・A 10~19歳
・B 20~29歳
・C 30~39歳
・D 40~49歳
・E 50~59歳
・F それ以上

猫つべ
ん~そうでしね・・やっぱりAの10代が一番多い感じでしかね?
猫師匠
いや、Bの20~29歳だな。

 

さすが猫師匠!大正解です。そうなんです。実はBの20~29歳が一番多くの利用をしており、時点でC30~39歳。その次にA 10~19歳となっております。

YouTubeなどの動画共有サービス年代別利用者率

 

 

こうやって年代別で見ると、なんと10~30代の9割がYouTubeやニコニコ動画などのオンデマンド型の動画共有サービスを利用している事になるんです。

そしてこれが「YouTubeの未来」を明るく示しているのです。

人というものは私生活の中で習慣づいたものをあまり変える事はありません。

 

例えば、少し前までは何か調べる時には辞書を開いていたのが今では携帯を開く事の方が多くなったと思います。電車の通勤中に本を読む人も今では電子書籍に変わった人も多いと思います。

この習慣が便利になればなるほど浸透されていきます。

テレビの時間が減り、YouTubeを見る時間が増えている・・とニュースにされたのは記憶が新しい事です。一部の人はこれを見て「テレビはなくなる!」と言っていましたね。

 

管理人的にはテレビがなくなるという事はないと思っていますが、YouTubeが習慣づいている時代は若い世代を中心に着実に来ていると思っています。

事実、YouTubeの利用率だけでなく利用時間も伸びているとのデータもありますしね。

そんな環境なので、本当に近い未来「テレビとYouTubeが逆転する」時代は来るかもしれませんね♪

その4:実際に私がYouTubeで稼いでいるから

ここまでデータや調査結果を元にYouTubeが稼げる理由を述べてきましたが、実はそれらに勝る「YouTubeが稼げる」という強い根拠が管理人にはあります。

それは・・実際に私が「YouTubeで収入を得ている」からなんです。

猫つべ
ええ!?い、いくら稼いでいるんでし??

秘密です♪・・というのは冗談で、今後このサイト内で収益の報告やクリックの単価の報告(アバウトに)していきますが、現段階では言いません。

しかし1つ言えるのは〇〇君がビックリする位の収入はあります♪・・・まあ、猫師匠さんには負けますがね・・笑

猫師匠
当然だ
猫つべ
さ、流石師匠でし。1億人登録者は伊達じゃないでし・・。


つまりこれが管理人が強くYouTubeを推奨する最大の理由の1つです。

管理人のような学歴も特別なスキルを持たない人間でもYouTubeで動画を上げて収益を得ることに成功しています。

 

世の中にはYouTube以外にも多くのネットを介してお金を得る方法があります。しかしどれもが管理人から言わせればハードルが高いと思うのです。

 

・サイトを作って記事を書いてアクセスを集めて収益を得る「アフィリエイト」

・利益が出る商品を仕入れてネット状で販売する「せどり・輸入や輸出などの物販」

・資金を運用させて収益を図る「仮想通貨やFX」

 

様々な方法があるのは事実ですが、そのどれもが「資金」または「時間」を必要とします。しかしYouTubeに関しては始めるのに必要なものは「カメラ」のみです。

猫つべ
有名なYouTuberもiPhoneで撮影してたでし!

そうなんです。勿論、魅力的な動画を作るにはスマホレンズ、三脚ホルダーや動画編集ソフトなんかは必要になってくるでしょう。しかし動画を投稿するだけならばスマホのカメラなんかでも充分なのです。

スマホさえあれば、すぐにでもYouTuber(ユーチューバー)デビューする事ができるのです。

「暇だから」
「歌うのが好きだ」
「ゲームが得意です」
「特技や趣味がある」

何かあれば始められるのがYouTubeで、何もなくても始められるのがYouTubeです。

是非この機会にYouTubeを始めてみませんか??

 

まとめ:後悔しない為にもYouTubeを始めるなら「今」!

成長

それでは、ここまで主に「実際のデータ」をもとにYouTubeが今後も発展が望める理由をお伝えしてきました。

 

確かにどんなデータや調査結果を並べられても、それが「稼げる根拠」にはなりません。

しかし1つの基準にはなるのではないでしょうか?

今後、YouTubeはさらに発展していきます。それは間違いありません。

その時に「あの時に始めていれば良かった」とならないように、していきましょうね♪

 

今後このサイトでは「YouTubeで収益を得たい!」「YouTuber(ユーチューバー)になって人気者になりたい!」という方の為に必要な道具や視聴回数を増やす戦略的テクニックを数多くお伝えしていきます。

是非ご覧いただければと思います♪

 

猫師匠
それでは以上、【戦略的】Googleデータを元にYouTubeが稼げる根拠を徹底解説・・だ。
猫つべ
ここまでお読みいただきありがとうにゃ!
初心者向け

どんな動画を作るか。それが一番最初に立ちはだかる壁ですよね。

そんなときは、手始めにレビュー動画を作ってみるのはどうでしょうか。

自分が気に入っているもののレビューであれば、思っていたよりも簡単にできるはずです。

ViiBeeというレビュー動画アプリでは、自分の作ったレビュー動画から誰かが商品を購入したらポイントがもらえます。

ViiBee(ビービー)

ViiBee(ビービー)

無料

★★★★★★★★★★